• お悩みFile
  • 徘徊感知機器・センサー関係
  • 福祉用具

みまもり支援GPS i-coco(アイココ)

2019.03.05
みまもり支援GPS i-coco(アイココ)

みまもり支援GPS i-coco(アイココ)

認知症による徘徊の見守り支援ツール

最近、認知症に関するニュースや事故などを多く見ます。
私達も認知症の方と接する機会が多く、認知症になっている本人様やその家族が直面する問題など毎日のように遭遇します。
その悩みや対応の仕方に関する問い合わせも非常に多く頂きます。

厚生労働省も、認知症施策をいろいろ出しており、国をあげてこの問題に向かっていることがわかります。

そんな中、新たに介護保険でレンタルのできる認知症老人徘徊感知機器が出ました!

それがこちら▼

ネクストシステムラボラトリーズ有限会社の「みまもり支援GPS i-coco(アイココ)」!

この小さな機器を持っていると様々な事がわかるようになります。

機能その1  エリア通知機能

これはエリアの設定をした場所から出たり入ったりすると、
登録しているメールアドレスに通知がいき利用者の動きがすぐに感知できます。

機能その2  振動感知機能

歩いている間その振動を感知して10分に1回登録しているメールアドレスに地図付きのメールが届きます。
普段の動いている範囲を知りたいときに有効な機能です。

機能その3  GPS検索

スマートフォンやパソコンなどインターネットに繋がっている機器があればいつでも利用者様の位置を確認できます。
専用のIDとパスワードでログインしすぐに検索できます。

上記のような機能がありとても安心して見守ることができます。

認知症の方の徘徊を止めることはとても大変なことです。
本人様も負担になりますし、ご家族様の負担もとても大きくなります。

このようなことから介護疲れやネグレクト、DVなどの事件に発展するそうです。

次は実際に使って頂いている方のご意見です!

お悩みFile04
実例:毎日散歩に出かける元気なYさん

Yさんは認知症ですがお体はとても元気な方で、毎日3つの神社にお参りに行くことが日課になっています。

ですがここ最近帰ってこられなくなることがあり、何度か警察にも捜索願を出されたそうです。

そこで何かよい福祉用具はないか、とのご相談があり
ご紹介したのが今回このブログに登場しているi-coco(アイココ)でした。

i-coco(アイココ)を導入してからはご家族様も安心して送り出すことができとても気持ちが楽になったそうです。
Yさんは今も毎日お参りに行かれています。

ご家族様からのお言葉をご紹介しますね。

常に心配をしなくてはいけなかった状態でしたが、今はどこにいても位置がわかるので安心です。 いつも行く神社が決まっている為、エリア登録もしていて、神社に到着したらメールも来るので助かります。

このような商品が介護保険でレンタルが可能になったので価格もとても安く借りることができます。
(※市町村によっては介護保険レンタルできない場所もあります。)

福岡市はレンタルが可能になっていますので、今は多くのお客様に使って頂いています。

ただ、問題もあります。

このi-coco(アイココ)、ご利用者様に携帯してもらわないと何の意味もないのです!!

常に持っていてもらうことはとても難しく、何度か捨てられたこともあります。
服に専用ポケットを作ったりもしました。

外出時には必ずワンちゃんと一緒だという方には、ワンちゃんのリードにつけたこともありました。
そこまでしても上手くいかないことも多々あります。

・・・そこで!
いい商品をメーカー同士がコラボして作っているので
次回のブログではそちらを紹介したいと思います!

この記事を書いた人

大神孝博

営業の大神(おおがみ)です。安心できる環境を一緒に作っていきましょう!
保有資格/福祉用具プランナー・福祉用具専門相談員・電動車いすセーフティー・アドバイ ザー・ヘルパー2級・福祉住環境コーディネーター2級・福祉用具選定士・可搬型階段昇降 機安全指導員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“大神孝博” その他の記事