• その他

冬至

2020.12.23
冬至

こんにちは♪
先日12月21日は冬至でしたね(^^)
皆さんはゆず湯に入ったり、カボチャを食べたりされましたか?

我が家も週末のうちにゆずとカボチャを買っていたので、冬至の日の夜はゆず湯にゆ~ったりと浸かり温まり、夕飯のおかずの一品にカボチャの煮物を食べました(^^)
ゆず湯のおかげで浴室中が柑橘のいい香りがしてとってもいい心地でした♪

なぜ、ゆず湯?カボチャ?と気になっていたので、遅ればせながら…調べてみました!


【冬至とは…】

北半球では1年中で昼が一番短く、夜が一番長くなる日。
冬至は、太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくるという前向きな意味合いを含んだ言葉とのことです。
冬至を境に運も上昇するとされており、カボチャを食べて栄養をつけ、身体を暖めるゆず湯に入り、無病息災を願いながら寒い冬を乗り切る知恵とされているようです。


このような云われが、江戸時代から現代まで風習として残っているということは、なんとも感慨深いものがありますね!


【なぜカボチャ?】

ビタミンなどの多くの栄養を含むカボチャを、野菜の不足する冬の時期に食べることで「厳しい冬を元気に乗り切ろう」という、野菜を1年中食べることが難しかった昔の江戸時代の人たちの「冬至の日」への想いが込められているそうです。
カボチャが長期保存できる野菜だということで、夏が旬であるカボチャを冬も食べることができたとのことです。


この冬も無病息災、元気に乗り切れますようにと願いながら1年で一番夜が長い「冬至」の夜を過ごしました(´▽`)
コロナウイルスやインフルエンザなどが心配になるこれから寒さが増す時期ですが、例年よりも身体を温めるよう意識してください、とテレビのニュースでもやっていました。

日頃からできる予防策を意識的に行っていきましょう!

この記事を書いた人

金持 美緒

事務の金持(かなじ)です。様々な介護用品・便利グッズも取り扱っております。ご来店 お待ちしております。
保有資格/ヘルパー2級・福祉用具専門相談員・福祉住環境コーディネーター2級

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“金持 美緒” その他の記事