• その他

今年も宜しくお願い致します。

2021.01.06
今年も宜しくお願い致します。

あけまして、おめでとうございます。
本年も弊社介福本舗、そして私園田を宜しくお願い致します。

年末年始は雪も降り、とても寒かったですね。
皆さまは、いかがお過ごしでしたか。

私は、コロナの影響もあり、実家の熊本に帰省するか悩みました。

結果、母親から「遠慮せず、帰ってきてゆっくり過ごしたら?」の一言で、実家に帰ることを決めました。

感染予防の為、車の往来が少ない、夜に出発、雪の降る中、安全運転、ノンストップで実家に。
実家に帰って何をしたかというと・・・

大晦日は、実家の掃除を手伝い、夜はお笑い番組を見ながら、おいしいごはんとお酒。

元旦は、ニューイヤー駅伝を見ながらとおいしいごはんとお酒。

2日は、箱根駅伝を見ながらとおいしいごはんとお酒。

3日は、箱根駅伝とおいしいごはん。

本来であれば、初詣や初売りに行きたかったのですが、感染拡大防止という名目で、ずっと実家で閉じこもり生活でした 笑

箱根駅伝は、毎年のようにテレビに噛り付きながら見ております。

今年は、創価大学が大活躍。
4区で1位にたつと復路も勢いそのまま。
10区の襷渡しの際は、2位の駒澤大学に3分以上の差があり、だれもが創価大学の優勝と思いました。

しかし、駒澤大学の10区のランナーの快走。
15キロ過ぎから、前の創価大学のランナーが見え、残り2キロのところで追いつき、そのまま逆転。

駒澤大学の優勝で終わりました。

箱根駅伝が好きな方はご存じだと思いますが、今年は、青山学院、駒澤大学、東海大学の3強と言われていました。
出場4回目の創価大学は正直優勝争いをすると予想していた人は少なかったと思います。
創価大学の目標は3位以内との事でしたので、目標も達成してますし、胸を張っていい結果です。

母校の明治大学も頑張りました。
優勝候補の一角を崩すかとも言われていたそうです。
残念ながら11位に終わり、予選会からですが、また来年も箱根駅伝に帰ってきてくれることを願います。

私が箱根駅伝を見るのが好きな理由は、
母校、チーム、応援してくれる皆の為、目標に向け、きつくても最後まであきらめない。
その姿を見ると、箱根のランナーに毎年心をうたれるからです。

箱根駅伝が好きな方は、是非お話ししましょう。

最後に、お母さんのおいしい手料理とお酒のおかげで年末年始だけで、3キロも太りました。
太ってしまった3キロを取り返すためにも、箱根のランナーの様に
しっかりと足を使い営業し、今年もご利用者様のご要望に沿った最適な福祉用具をご提案致します。

今年も介福本舗の園田をどうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

園田幸太郎

営業の園田です!利用者様一人一人のニーズに合った商品を提案できるように日々勉強し頑張って参ります!
保有資格/福祉用具専門相談員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“園田幸太郎” その他の記事