• お悩みFile
  • 入浴関係

浴槽へのアプローチ

2021.02.04
浴槽へのアプローチ

こんにちは!
寒さと自粛による運動不足で若干腰痛が出てきている北崎です!

今回は珍しく福祉用具について商品のご紹介をさせて戴きます(笑)

先日お客様よりご相談があり

①膝が痛くて浴槽への出入りが難しく怖い ②浴室の出入り口の段差で足が上がらない

とのお悩み相談でした

よくあるご依頼であれば

  • ①住宅改修にて浴槽周りへ手すりの設置
  • ②出入り口に踏み台の設置

などにより動作負担の軽減が出来るのですが
家屋調査をしたところ少し問題点が出てきました。

問題点
  • ①住宅改修の20万円の枠を全額使い切っている
  • ②浴室の前に踏み台を置くと奥にあるトイレなどの移動動線で躓くリスクが高くなる

という問題点が出てきました。

浴室の出入り口に手すりは付いていますが昇降動作には適していない位置と向きにあり
その手すりを必死に握っている為かなり危ない動作が伺えました^^;

また両膝術後により踏ん張りが効かず足が出ないとの事。

この状況を踏まえた上で浴室周りの福祉用具を探しているとこんな物を見つけました。

移乗台N-500です!

移乗台N-500

浴槽のフチに引っ掛けてアジャスターで足の高さを調整することが出来ます!

裏側はこんな感じです

畳むことも出来るのでいらない時はコンパクトに収納も可能です。

このようなケースの方に
浴槽の跨ぎが難しい(膝が曲がりにくい)時に移乗台に座って膝を曲げずに浴槽に入る。

↑このようなケースの方に当てはまる商品なのですが、浴槽のフチから40cmほど出幅があり出入り口の関係でドンピシャで適応する人が少なく、浴槽ボードorバスボードで事足りるケースが大半かと思われるのであまり提案することのない商品でした。

設置して実際に動いて頂いただきました。

設置して実際に動いて頂いただきました!

  • ①浴槽へ入る際は座って移乗ができる
  • ②写真の下にある浴室への段差昇降時は移乗台に手を置いて前傾姿勢気味でプッシュアップ

お客様にカタログで商品を説明している際には
腑に落ちていないというか、想像が付いていないようなリアクションでしたが、いざ設置してみると

すごく楽だ!これなら1人で入れる!

と、とても嬉しいリアクションを頂けました!

この一つで浴槽の跨ぎ動作軽減と段差昇降時の膝への負担が改善されました。

通所サービスで入浴も考えていたそうですが
「なるべく自宅で」
「なるべく自力で」

というご意向が有りましたのでそれを汲み取る形で実現する事が出来ました!

初めてご提案させて頂いた商品でしたがドンピシャで当てハマったのでこちらもとても嬉しい気持ちになれました^_^

入社して3年半が経過しましたがまだまだ勉強する事がたくさんあるなと改めて感じる事ができました!
より安全にご自宅で過ごせるように日々学んで行きますので、お困りな方は是非北﨑へご相談ください。

それでは( ̄^ ̄)ゞ

タグ:

この記事を書いた人

北崎宏輔

営業の北﨑(きたざき)です。お客様に寄り添って、最高のサービスを提供できるように日々勉強していきます!
保有資格/福祉用具専門相談員・ヘルパー2級

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“北崎宏輔” その他の記事