ブログ

BLOG

2023.12.04

全日本社会人

全日本社会人

こんにちは、介福本舗の園田です。

今日、12/4は「E.T」の日だそうです。
昭和57年のこの日、映画『E.T』が日本で公開されました。観客は1000万人を突破し、1997年に『もののけ姫』に抜かれるまで最高の配給収入を記録していたそうです。

 

さて、今年の夏頃、突然先輩からセコンドお願い出来ないかと連絡がありました。
という事で、先月末は、全日本社会人ウエイトリフティング大会のセコンドしてきました。

会場は、佐賀県有田町。

今回出場した先輩は、高校、大学の先輩で高校時代は、全国選抜大会、インターハイ、国体と三冠をとった、とてーも強い、そして尊敬している先輩です。

そして、先輩と私のタッグは先輩が4年のインカレ振りでした。

今回は73キロ級でエントリー。

起床後、体重を測ると73.4キロ。
そうです、400g体重オーバー。
ウエイトリフティング競技は階級制ですので、検量時間までに73.00キロ以下にならないと失格となります。

服を着込み、ウォーキング、ガムを噛んで唾を吐いて体重を落とします。お昼の検量時には無事規定内の体重に。

検量後2時間後に申告重量(1回目に挙げる重量)の低い選手から試合がスタートしていきます。

そもそもウエイトリフティングのセコンドとは…

主な役割は選手の調子や試合の流れを読み、試技する重量を決めることです。重量は選手自身で決めるように思われがちですが、実はセコンド役が判断します。選手はあくまで任された重量を挙げるだけなのです。

相手の試技の結果を受けて、どれくらいの重量を挙げれば勝てるのか。またその重量を挙げられる調子にあるのか。目まぐるしく変わる試合状況を読み取り、適切な判断を下すセコンド。力勝負の裏では、そんな駆け引きが行われているのです。

 

試合はというと…

 

 

スナッチ

 

1回目、85キロ 成功!

2回目、93キロ 成功!

勝負の3回目、100キロ。頭上までは引き上げられましたが、バランスを崩して惜しくも失敗。

 

ジャーク 

1回目、105キロ。問題なく成功!

2回目110キロを申告していましたが、ライバル(同じ大学の先輩)が110キロを成功したものの次の重量は挙げれない可能性を判断し、111キロを選択。
気合いを入れて試技に挑む。ジャーク(肩から差し上げる時)に挙がってもプレスアウト(肘が曲がる)反則動作で失敗。

3回目、同重量、111キロを選択。

クリーンは腰が曲がりながらも立ち上がる。問題のジャーク。肘も綺麗に伸び見事成功!

 

同じ大学の先輩にも勝て、見事勝利で終わりました。

試合後はプロテインといきたいところでしたが、懐かしのメンバーで佐世保にお酒を飲みに。

良い試合、良い仲間、良いお酒が飲めた全日本社会人の試合となりました。

Sonodaの写真

この記事を書いた人

Sonoda

営業の園田です!利用者様一人一人のニーズに合った商品を提案できるように日々勉強し頑張って参ります! 保有資格/福祉用具専門相談員・福祉住環境コーディネーター2級

“Sonoda”その他の記事

ホークス観戦。
2024.06.11 Sonoda
  • 営業
  • 日常

ホークス観戦。

笑(emi)フットレスト
2024.05.20 Sonoda
  • 介護用品
  • 福祉用具

笑(emi)フットレスト

  • 介護ベッド
  • 介護用品
  • 福祉用具
ブログ一覧を見る

おかげさまで
好評いただいています!

  • 楽天月間優良ショップ
    受賞多数!
  • 楽天商品ジャンル別
    ランキング1位多数!
  • 介福本舗 楽天市場店で購入する
  • amazonで購入する